トイレがつまったら?

いつも通りにトイレを済ませ、いつも通りにトイレを流したら水が溜まるだけで流れない…こんなとき誰もが慌ててしまいます。「嘘でしょう!?」と思って慌てて何度も水を流そうとすると便器から水があふれてしまうこともあります。トイレがつまったらまずは慌てず落ち着きましょう。

次にトイレがつまってしまった原因を考えます。トイレづまりを解消する業者によると、トイレづまりの原因はトイレットペーパーの流し過ぎが最も多いようです。節水対策でトイレを流す水の量を少なくしているとトイレットペーパーが流れ切らず配管内で止まってしまうことがよくあります。トイレの配管は便器の下でS字状に曲がっています。一部真空の場所を作ることで下水道から臭いが流れ込んできたり、虫が入ってくるのを防いでいます。このS字の部分をトイレットペーパーなどが流れていくにはそれなりの水量が必要であり、少ないと流れ切らず配管内で溜まってしまうこともあるのです。また古いトイレの場合はトイレの排水管内に尿石が蓄積し、細くなった配管をトイレットペーパーなど流したいものが流れないということもあります。

トイレづまりの原因が水で溶けるトイレットペーパーやペーパークリーナーのような場合は時間をおいてそれらが水に分解されるのを待ちます。放置すれば少しずつ水位が下がるので、ある程度下がったところで水を流してみるなど、水で溶ける異物の場合は自分で解決を試みることができます。一方で水で溶けないものを誤って流してしまった場合は業者に依頼する場合もあります。ラバーカップで吸い上げられるオムツや生理用品ならば自分で対処できますが、ラバーカップで吸い上げられないスマホやおもちゃの場合は業者に依頼する必要があります。今回は自分でできるトイレづまりの対処法を紹介します。