トイレづまりの予防法

トイレづまりは自分で解消することができますが、詰まらせないに越したことはありません。実際にトイレづまりは少しの注意で予防することができます。まずはトイレットペーパーを一度に大量に流さないことです。次にトイレに流せると書かれている商品(ティッシュペーパー、掃除用シート、紙製のブラシなど)はトイレットペーパーよりも水に溶けにくいので、規定の1回分より多く流さないようにしましょう。またこれらはトイレットペーパーよりも従量があるので流すときは”大”の方を使用しましょう。

トイレのタンクの上に掃除用品やビニール袋を置いてあることがありますが、これらを誤って落としてしまい、気づかずに流してトイレを詰まらせてしまうことがあります。誤ってものを便器の中に落とさないために、トイレのタンクの上や横の棚は常にすっきりとさせておきましょう。壁にかけておいたタオルや、芳香剤も誤ってトイレに落として流してしまいやすいものです。さらに冬場にカイロを使用する人や、ズボンの後ろポケットに財布やスマホなどをよく入れる人はトイレに入るときに注意するクセをつけましょう。

トイレのつまりについて
画像引用 {トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法

最後に節水は控えましょう。トイレの便器には決まった流水量があります。ペットボトルやビール瓶をタンクに入れたり、フロートバブルに重りをつけて流れる水の量を減らすのはトイレづまりの原因になります。節水を考えるならばエコタイプの便器に変えることをおすすめします。

トイレづまりの原因と解消法、そして予防法を紹介しましたがいかがでしたか?トイレづまりの予防は正直なところ難しいところです。なぜならトイレづまりの原因はどれも不注意であり、故意ではないからです。つまる完全に防ぐことは難しい事故といえます。万が一トイレを詰まらせてしまったら、まず慌てずに落ち着いて原因を思い出し、様子を見てから対処するようにしましょう。紹介した対処法で解消できない場合は業者への依頼を検討しましょう。

トイレづまりの対処法

トイレットペーパーなど、水に溶けるものがつまってしまった場合、時間を置くことで水に溶けてつまりが自然に解消されます。しかし、水に溶けることがない、または流れない固形物が原因となるつまりの場合もあります。気が付いたらトイレがつまっていて、固形物なのか水溶物なのか分からない場合は、便器の中に、重曹、そして酢、最後にぬるま湯を入れます。もし水溶物ならばこの方法で1時間程度するとつまった水溶物が完全に溶けてつまりを解消することができます

もしこの方法でも解消されない場合はラバーカップを使います。ラバーカップは強く押して使うというイメージがある方も多くいらっしゃるかもしれませんが、これは間違いです。ラバーカップは吸い取るためにあります。むりやり押して取ろうとするとさらにつまりが酷くなるため、注意しましょう。

ラバーカップを使うときは汚水が溢れてしまわないように便器の半分まで水を減らします。反対に、少ない場合は水を足しましょう。洋式トイレの場合、ラバーカップの先端部分と便器の排水溝のサイズが合っていないと効果は半減してしまいます。なぜなら、ラバーカップの仕組み上ゴムの先端が排水溝の中にしっかりと入ることでつまりを吸い取ることができるようになっているからです。お使いのトイレに合うラバーカップが分からない場合、トイレメーカーに問い合わせて確認してみても良いでしょう。

ラバーカップを排水溝にしっかり差しこんだあとは、ギュウギュウと押し込むのではなく、ゆっくりと空気を出すように押します。押しこめなくなったところでサッと引き抜くことを3~4回繰り返せばつまりが取れやすくなります。もしラバーカップを使っても詰りが解消されない場合は業者に依頼することを検討しましょう。

トイレがつまったら?

いつも通りにトイレを済ませ、いつも通りにトイレを流したら水が溜まるだけで流れない…こんなとき誰もが慌ててしまいます。「嘘でしょう!?」と思って慌てて何度も水を流そうとすると便器から水があふれてしまうこともあります。トイレがつまったらまずは慌てず落ち着きましょう。

次にトイレがつまってしまった原因を考えます。トイレづまりを解消する業者によると、トイレづまりの原因はトイレットペーパーの流し過ぎが最も多いようです。節水対策でトイレを流す水の量を少なくしているとトイレットペーパーが流れ切らず配管内で止まってしまうことがよくあります。トイレの配管は便器の下でS字状に曲がっています。一部真空の場所を作ることで下水道から臭いが流れ込んできたり、虫が入ってくるのを防いでいます。このS字の部分をトイレットペーパーなどが流れていくにはそれなりの水量が必要であり、少ないと流れ切らず配管内で溜まってしまうこともあるのです。また古いトイレの場合はトイレの排水管内に尿石が蓄積し、細くなった配管をトイレットペーパーなど流したいものが流れないということもあります。

トイレづまりの原因が水で溶けるトイレットペーパーやペーパークリーナーのような場合は時間をおいてそれらが水に分解されるのを待ちます。放置すれば少しずつ水位が下がるので、ある程度下がったところで水を流してみるなど、水で溶ける異物の場合は自分で解決を試みることができます。一方で水で溶けないものを誤って流してしまった場合は業者に依頼する場合もあります。ラバーカップで吸い上げられるオムツや生理用品ならば自分で対処できますが、ラバーカップで吸い上げられないスマホやおもちゃの場合は業者に依頼する必要があります。今回は自分でできるトイレづまりの対処法を紹介します。