トイレづまりの予防法

トイレづまりは自分で解消することができますが、詰まらせないに越したことはありません。実際にトイレづまりは少しの注意で予防することができます。まずはトイレットペーパーを一度に大量に流さないことです。次にトイレに流せると書かれている商品(ティッシュペーパー、掃除用シート、紙製のブラシなど)はトイレットペーパーよりも水に溶けにくいので、規定の1回分より多く流さないようにしましょう。またこれらはトイレットペーパーよりも従量があるので流すときは”大”の方を使用しましょう。

トイレのタンクの上に掃除用品やビニール袋を置いてあることがありますが、これらを誤って落としてしまい、気づかずに流してトイレを詰まらせてしまうことがあります。誤ってものを便器の中に落とさないために、トイレのタンクの上や横の棚は常にすっきりとさせておきましょう。壁にかけておいたタオルや、芳香剤も誤ってトイレに落として流してしまいやすいものです。さらに冬場にカイロを使用する人や、ズボンの後ろポケットに財布やスマホなどをよく入れる人はトイレに入るときに注意するクセをつけましょう。

トイレのつまりについて
画像引用 {トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法

最後に節水は控えましょう。トイレの便器には決まった流水量があります。ペットボトルやビール瓶をタンクに入れたり、フロートバブルに重りをつけて流れる水の量を減らすのはトイレづまりの原因になります。節水を考えるならばエコタイプの便器に変えることをおすすめします。

トイレづまりの原因と解消法、そして予防法を紹介しましたがいかがでしたか?トイレづまりの予防は正直なところ難しいところです。なぜならトイレづまりの原因はどれも不注意であり、故意ではないからです。つまる完全に防ぐことは難しい事故といえます。万が一トイレを詰まらせてしまったら、まず慌てずに落ち着いて原因を思い出し、様子を見てから対処するようにしましょう。紹介した対処法で解消できない場合は業者への依頼を検討しましょう。