トイレづまりの対処法

トイレットペーパーなど、水に溶けるものがつまってしまった場合、時間を置くことで水に溶けてつまりが自然に解消されます。しかし、水に溶けることがない、または流れない固形物が原因となるつまりの場合もあります。気が付いたらトイレがつまっていて、固形物なのか水溶物なのか分からない場合は、便器の中に、重曹、そして酢、最後にぬるま湯を入れます。もし水溶物ならばこの方法で1時間程度するとつまった水溶物が完全に溶けてつまりを解消することができます

もしこの方法でも解消されない場合はラバーカップを使います。ラバーカップは強く押して使うというイメージがある方も多くいらっしゃるかもしれませんが、これは間違いです。ラバーカップは吸い取るためにあります。むりやり押して取ろうとするとさらにつまりが酷くなるため、注意しましょう。

ラバーカップを使うときは汚水が溢れてしまわないように便器の半分まで水を減らします。反対に、少ない場合は水を足しましょう。洋式トイレの場合、ラバーカップの先端部分と便器の排水溝のサイズが合っていないと効果は半減してしまいます。なぜなら、ラバーカップの仕組み上ゴムの先端が排水溝の中にしっかりと入ることでつまりを吸い取ることができるようになっているからです。お使いのトイレに合うラバーカップが分からない場合、トイレメーカーに問い合わせて確認してみても良いでしょう。

ラバーカップを排水溝にしっかり差しこんだあとは、ギュウギュウと押し込むのではなく、ゆっくりと空気を出すように押します。押しこめなくなったところでサッと引き抜くことを3~4回繰り返せばつまりが取れやすくなります。もしラバーカップを使っても詰りが解消されない場合は業者に依頼することを検討しましょう。